9:00-18:00
毎週水曜日・第1火曜日・第3火曜日
2017年12月17日
ブログ

【老朽化マンションの強い味方】

【老朽化マンションの強い味方】

配管の赤さび対策装置が、テレビ東京のワールドビジネスサテライトで放映してました。

日本システム企画(株)が、開発した装置「NMRパイプテクター」を、配管を挟み込むように取り付けると、配管の寿命が40年程に延びる内容で、大きな装置でもなく、配管に挟み込むだけで、なぜ配管の寿命が延びるのか?とても気になりました。

配管の赤さびは、放っておくと、さびが溶けて配管に穴が開いたりしますが、その装置から出る電磁波が、水の電子を細かく分け、赤さびに反応して、さびが水に溶けにくい黒さびに変える事で、配管が長持ちする仕組です。

 

 その装置は、イギリスのバッキンガム宮殿や大英博物館も使用しており、マンションオーナーが、装置を導入して、マンションに取り付け使用してる、現場の放映も有りました。

また、違う分野での需要も有り、ビニールハウスの配管に装置を使用すると、装置を使用しない農作物よりも、大きな農作物が収穫できた放映も有りました。

万能なすごい装置だと感心しました。

 

あくまで、メディア取材の内容で、私が実際に使用しての体験談ではないですが、農業関係者、不動産のオーナー、分譲マンションの共用部等の配管に、検討してもよいのではと考えます。

【日本システム開発株式会社】ホームページ

【池田商事】ホームページ(360度動画が増えました)

※写真は、2018年2月3日(土)まで開催のイベント、【夜のキタまちあかり】の、私が通学してました済美小学校跡地の、中崎町ホールのイルミネーションです。

この記事を書いた人
池田 博之 イケダ ヒロユキ
池田 博之
池田商事はお客様と共に歩んで創業28年を迎えました。
当社は、大阪市北区限定で、売買仲介・賃貸仲介・賃貸管理・空き家活用サポート・資産活用サポートを主に業務しております。
お客様の不動産に関するご不安事項等をサポートし解決いたします。
大阪市北区の不動産のサポートは池田商事にお任せ下さい。
昨今は、建物状況調査(インスペクション)説明が義務化、民泊新法・大阪府と大阪市の特区民泊条例が施行、マイナス金利、空き家対策特別措置法施行、相続税の改正等がございました。

空き家活用士・宅地建物取引士・ホームインスペクター(住宅診断士)・任意売却エージェント・3級ファイナンシャルプランニング技能士・既存住宅アドバイザー・ホームステージング等の、資格や経験を活かしお客様に応じたご提案をいたします。
電話 06-6372-7374
メール info@ikedashoji.com
arrow_upward