9:00-18:00
毎週水曜日・第1火曜日・第3火曜日
2017年12月29日
ブログ

【世界初の割れてもくっつくガラス?】

【世界初の割れてもくっつくガラス?】

テレビ東京のワールドビジネスサテライトで、「世界初の割れてもくっつくガラス」の放映がありました。

 

ガラスは、分子構造が切れる事で割れます。

樹脂の「ポリエーテルチオ尿素」で出来たガラスは、分子構造が切れても、分子が常に動き、分子同士が引き合うので、割れた面を合わせて力を入れるだけで、くっつく仕組みです。

「ポリエーテルチオ尿素」は、東京大学が、薬などの材料の開発中に、偶然に誕生しましたが、実用化には、高温に物性が変化しない、茶色い色はどうするのか?などの、高いハードルがあります。

建物などのガラスが割れると、割れた部分を交換しますが、この技術が実用化され、割れた部分を合わせて、力を入れるだけで修復できれば、大きな技術革新になり、また、需要が増えれば、価格や環境にも優しくなりそうですね。

 

昨今、【スクラップ・アンド・ビルド】(壊して建てる)の考えは、見直されており、建物も、修復したり、生活環境に応じたリフォームなどを施して、【ストック活用】(長期使用する)の考えが増えてます。

今後も、【ストック活用】の考え方は、増加すると考えます。

 

北区中之島にある【大阪市中央公会堂】は、来年2018年に、開館100周年を迎える国の重要文化財ですが、大掛かりな建物の保存・再生工事は、約4年も掛けて2002年に完了しました。

大阪市中央公会堂は、北区の代表的なストック活用の建築物だと言えますね。

※ 写真は、12月25日まで開催していた【ウォールタペストリー大阪市中央公会堂特別講演】時の、大阪市中央公会堂です。

 

【池田商事】ホームページ

【ワールドビジネスサテライト】ホームページ

この記事を書いた人
池田 博之 イケダ ヒロユキ
池田 博之
池田商事はお客様と共に歩んで創業28年を迎えました。
当社は、大阪市北区限定で、売買仲介・賃貸仲介・賃貸管理・空き家活用サポート・資産活用サポートを主に業務しております。
お客様の不動産に関するご不安事項等をサポートし解決いたします。
大阪市北区の不動産のサポートは池田商事にお任せ下さい。
昨今は、建物状況調査(インスペクション)説明が義務化、民泊新法・大阪府と大阪市の特区民泊条例が施行、マイナス金利、空き家対策特別措置法施行、相続税の改正等がございました。

空き家活用士・宅地建物取引士・ホームインスペクター(住宅診断士)・任意売却エージェント・3級ファイナンシャルプランニング技能士・既存住宅アドバイザー・ホームステージング等の、資格や経験を活かしお客様に応じたご提案をいたします。
電話 06-6372-7374
メール info@ikedashoji.com
arrow_upward