9:00-18:00
毎週水曜日・第1火曜日・第3火曜日
2018年04月03日
ブログ

ミナミがキタを逆転

 【公示地価】

国土交通省が2018年1月1日時点の※公示地価を発表しました。

 

 【全国】

住宅地は全国平均が前年比0.3%の上昇で、10年ぶりに上昇。

商業地は全国平均が前年比1.9%の上昇で、3年連続上昇。

 

最も上昇した住宅地は、北海道倶知安町で、上昇率の上位地点トップ3も独占。

また、商業地の上昇率トップも、北海道倶知安町です。

 

 【地方圏】

地方圏の商業地は、前年比0.5%の上昇で、26年ぶり上昇。

 

【ミナミがキタを逆転】

大阪府の商業地は5年連続で上昇。

1970年の調査以来、最高価格は、ミナミ(クリサス心斎橋)が、初めてキタ(グランフロント大阪南館)を逆転。

 

公示地価の、住宅地上昇率トップ3、商業地の上昇率トップの「北海道倶知安町」は、

リゾート地としても人気があり、国内・外国人観光客の増加、別荘地としての需要増加などが、地価上昇の要因です。

地方圏は、駅近くの住宅需要の増加、再開発や外国人観光客の増加などで、ホテルや店舗などの需要増加も、地価上昇の要因です。

 

昨今、大阪府商業地の最高価格は、キタ(グランフロント大阪南館)だったので、ミナミ(クリサス心斎橋)が、初めて逆転したことには驚きました。

訪日外国人の需要が増加している、ミナミエリア(難波・心斎橋エリア)に資金が流れいることも、大阪府商業地の最高価格が、ミナミエリア(難波・心斎橋エリア)なった要因です。

ミナミエリア(難波・心斎橋エリア)を歩くと、すれ違う外国人の比率が、キタエリア(梅田エリア)より、とても高いと感じます。

 日本の地価上昇は、外国人の関わりが大きいと考えます。

 

大阪市の住宅地は、前年比0.6%の上昇で、新築マンションの需要がある事も、上昇の要因です。

当社事務所がある大阪市北区や近隣区の、新築マンションは、20階以上のタワーマンション建築が多いと感じます。

北区中之島の「ザ・パークハウス中之島タワー」は、免震構造マンションとしては、日本最高階数55階建の超高層タワーマンションで、人気のあるタワーマンションです。

 

このブログを読まれてます、不動産をご所有の人は、平成30年度の固定資産税・都市計画税納税通知書は届きましたか?

私は、今日届きました(笑)

平成30年度は、固定資産税評価額を、3年に1回見直す「評価替え」の年なので、納税額の確認をおすすめします。

 

【ザ・パークハウス中之島タワー】(共用部分など写真は100枚以上)

※【国土交通省地価公示】ホームページ

写真はグランフロント大阪(平成30年3月28日撮影)

この記事を書いた人
池田 博之 イケダ ヒロユキ
池田 博之
池田商事はお客様と共に歩んで創業28年を迎えました。
当社は、大阪市北区限定で、売買仲介・賃貸仲介・賃貸管理・空き家活用サポート・資産活用サポートを主に業務しております。
お客様の不動産に関するご不安事項等をサポートし解決いたします。
大阪市北区の不動産のサポートは池田商事にお任せ下さい。
昨今は、建物状況調査(インスペクション)説明が義務化、民泊新法・大阪府と大阪市の特区民泊条例が施行、マイナス金利、空き家対策特別措置法施行、相続税の改正等がございました。

空き家活用士・宅地建物取引士・ホームインスペクター(住宅診断士)・任意売却エージェント・3級ファイナンシャルプランニング技能士・既存住宅アドバイザー・ホームステージング等の、資格や経験を活かしお客様に応じたご提案をいたします。
電話 06-6372-7374
メール info@ikedashoji.com
arrow_upward