9:00-18:00
毎週水曜日・第1火曜日・第3火曜日
2018年05月05日
ブログ

世界的建築家 安藤忠雄氏の講演会(こども図書館の話など)

 【世界的建築家 安藤忠雄氏の講演会】

今日5月5日は「こどもの日」ですね。

こども図書館【こども本の森  中之島(仮称)】の話もありました、世界的建築家 安藤忠雄氏の、講演会に参加しました。(名刺アプリEight運営のSANSAN株式会社主催)

 

【感性を磨く】

他の講演者の講演会も有り、全体のテーマは「働き方2020」。

「自分で経営しており、忙しい時は長時間労働などもする。働き方のセミナーで、なんで自分が呼ばれたのか分かれへんし、呼ばれから仕方なく来た。働き方なんかは自分で管理せえ」初っ端の安藤氏の発言に会場は大ウケで、講演は楽しく進行して、勉強になる話も沢山あり、話の建築?も大変上手い人で感銘を受けました。

 

安藤氏の講演テーマは「感性を磨く」です。

「パソコンが有れば何処でも仕事は出来る。仕事はスピードが大事で、いつくもの仕事を動かす。一つだけではダメ」

堀江貴文氏の著書【多動力】と、同じ事をおっしゃっており、デキる人の共通点が分かりましたが、分かっただけではダメで、実行が大切ですね。

安藤氏は、大阪生まれの大阪育ちで「広く、浅く、合理的が大阪人」との特論。論文書けなかったので、建築家になり、論文は助手に書かせる。

「大阪におったら値打ちがあり、東京は価値が無い」(笑)

 

「助け合うこと」「継続する力」が大切。

2011年の東日本大震災後に「東日本大震災遺児育英資金」の立ち上げ(助け合うこと)、毎年の寄付を続ける会員を募る(継続する力)。

寄付では、大手不動産2社に、他社大手不動産は、〇〇規模の寄付をしたことを伝え、大手不動産2社どちらも、規模の大きい寄付をさせる交渉力は、私も欲しいですね。

 

 【古いものを再利用】

古いものを再利用することが大切。

ベネチアにある、15世紀に建築された税関の再生など、海外でも、さまざまな古い建築物を再生しており、日本では、当社と同じ大阪市北区に有る、大阪市中央公会堂の内部に、卵型ホールを挿入する再生案が、とても斬新でした。

 

私は、昨今「MOTTAINAI(もったいない)」や「リノベーション」の言葉を、聞くことが多いと感じます。

日本の住宅事情は、新築を選ぶ「新築至上主義」が多いですが、【古いものを再利用】の考え方は、既存住宅(中古住宅)も活かせる大切な考え方だと感じます。

 

 

【こども本の森 中之島(仮称)】

「こども図書館」【こども本の森 中之島(仮称)】を、建築費は安藤氏が寄付をして、子供達の未来為にも建築する。

本は、IPS細胞の山中先生達に、子供の頃読んだ本を寄付して貰う。

 「こども図書館」の本は、持ち出しもでき、公園や広場など、何処でも本が読める図書館にする。

「世界で生きる、地球で生きる、次世代の日本の未来は、子供達にかかっている」最後に熱い想いで締め括りました。

 ※【こども本の森 中之島(仮称)】は中之島公園内の市立東洋陶磁美術館の隣地に建築予定です。

【池田商事】ホームページ

写真は鯉のぼりが泳いでいる【音色つばさ保育園】

この記事を書いた人
池田 博之 イケダ ヒロユキ
池田 博之
池田商事はお客様と共に歩んで創業28年を迎えました。
当社は、大阪市北区限定で、売買仲介・賃貸仲介・賃貸管理・空き家活用サポート・資産活用サポートを主に業務しております。
お客様の不動産に関するご不安事項等をサポートし解決いたします。
大阪市北区の不動産のサポートは池田商事にお任せ下さい。
昨今は、建物状況調査(インスペクション)説明が義務化、民泊新法・大阪府と大阪市の特区民泊条例が施行、マイナス金利、空き家対策特別措置法施行、相続税の改正等がございました。

空き家活用士・宅地建物取引士・ホームインスペクター(住宅診断士)・任意売却エージェント・3級ファイナンシャルプランニング技能士・既存住宅アドバイザー・ホームステージング等の、資格や経験を活かしお客様に応じたご提案をいたします。
電話 06-6372-7374
メール info@ikedashoji.com
arrow_upward